ほんとに通る?カードローンの審査

収入面を大きくチェック

カードローンの審査を通過するには、安定した収入が必要不可欠です。毎月一定以上の収入を確保している方は、カードローンを提供している銀行や消費者金融に返済力がある人物としてアピール可能です。銀行や消費者金融が一番困るのは、滞納されてしまう事なので収入面をチェックしていき、返済力が確保されているのか判断しています。
以前と違って、社員ではなくパートやアルバイトでも安定した収入があれば、審査を通過しやすい状況です。ただしどのくらいの収入が必要なのかは銀行や消費者金融の審査基準が異なっている為、明白にされていないです。その為多くのお金を稼いでいる方は、カードローンを提供している銀行や消費者金融の審査を通過しやすくなります。

個人の信用情報も審査対象の一つ

安定した収入に加えて、雇用形態や仕事内容に問題が無い場合、個人の信用情報にキズが付いている可能性があります。個人の信用情報にキズがついているとカードローンの申込を行っても怪しい人物として、銀行や消費者金融に判断されてしまいます。その結果、カードローンの審査を通過できない恐れがある為、極力個人の信用情報にキズつけない事が必要です。
個人の信用情報にキズがついてしまう条件は、遅延や滞納を繰り返している行為です。カードローンの審査だけではなく、その他ローンやクレジットカードの審査にも影響を及ぼします。もしもキズがついている事が分かった場合、ある程度期間を置けば、個人の信用情報を回復させられる為、カードローンの審査に悪い影響を与えないようになります。